建築家 / 守谷昌紀  一級建築士事務所 アトリエm

architect and associates atelier

seven dreamers ginza tokyo

店内

 

 

 

 

 

シャフト

 

 

 

 

 

マテリアル

 

 

shibakoen Tokyo

スーパーレジン工業は、FRP(繊維強化プラスチック)成型のパイオニアである。2010年、日本に帰還した惑星探査機「はやぶさ」にも部品を供給している。

中でも、炭素(カーボン)繊維を用いたものをCFRPと言うが、宇宙、国防機器に関わることで高い技術力を培ってきた。それらを用い、宇宙品質のゴルフシャフトを供給する。その為に立ち上げられたのが『seven dreamers』である。

個々のゴルファーによって、スイングスピード、軌道、手首の使い方などは千差万別。あらゆる角度からスイングを解析し、最適なシャフトの剛性、しなり、ねじれ剛性まで設計する。

唯一無二の性能を持ち、かつ宝石のように美しいゴルフシャフトを、フルオーダーメードで製造し、ゴルファーへ届けようという計画だ。

ginza Tokyo

銀座ギャラリーは『seven dreamers』の旗艦店としての役割を担う。

店内正面には、三次元の曲面のカーボンブロックで構成されたディスプレイがある。その間から漏れる光の中に、クラブが宝石のように飾られている。ドア、テーブル、チェアも、CFRPで作られたオリジナルだ。

26㎡ほどの店内だが、2つのゾーンに分かれている。シャフトと共にCFRPの美しさを表現する、非日常ゾーン。石、金属との対比でその艶やかさを伝えたいと考えた。

もう一方は、来訪者を迎えるゾーン。床、壁ともファブリックで仕上げ、視覚的、体感的に、迎える心を具現化した。

シャフト自体の美しさを真近で見たり、触れるよう、曲面ガラスの前にディスプレイカウンターをデザインした。これも、軽量かつ、高い剛性をもつ同素材だからこそ、この薄さが実現できる。素材のポテンシャルが高いがゆえ、あまり手を入れすぎぬよう注意した。

銀座の地で、最高の品質のシャフトを優美な空間で体感して貰いたい。日本が世界に誇る「匠の技」で創り上げられたマテリアルに直接触れられる体験空間でもある。


『seven dreamers』
東京都中央区銀座5-8-3 1F

  1階床面積:25.78 ㎡
  
  撮影:Nacasa & Partners Inc.
     (※以外)


plan