建築家 / 守谷昌紀  一級建築士事務所 アトリエm

architect and associates atelier

seven dreamers shibakouen tokyo

接客スペース

 

 

 

 

 

試打エリア

 

 

 

 

 

フィッティング

 

 

 

 

 

外観

 

 

 

 

 

 

 

 

遠里小野の家

スーパーレジン工業は、FRP(繊維強化プラスチック)成型のパイオニアである。2010年、日本に帰還した惑星探査機「はやぶさ」にも部品を供給している。

中でも、炭素(カーボン)繊維を用いたものをCFRPと言うが、宇宙、国防機器に関わることで高い技術力を培ってきた。それらを用い、宇宙品質のゴルフシャフトを供給する。その為に立ち上げられたのが『seven dreamers』である。

個々のゴルファーによって、スイングスピード、軌道、手首の使い方などは千差万別。あらゆる角度からスイングを解析し、最適なシャフトの剛性、しなり、ねじれ剛性まで設計する。

唯一無二の性能を持ち、かつ宝石のように美しいゴルフシャフトを、フルオーダーメードで製造し、ゴルファーへ届けようという計画だ。

7d_shiba

芝公園ラボは『seven dreamers』の研究所としての役割を担っている。

平面が直角三角形となっており、エントランスからすぐに接客スペース、直角部分に大きな試打スペースを設けた。ここが最新鋭の測定機器を用い、ユーザーのスイングを解析する、このラボの心臓部にあたる。

計画が始まった当初「測定できないものは作れない」という技術者の言葉が印象に残っている。宇宙では最高精度の「ゼロ膨張」が求められるそうだ。

10のマイナス6乗/K以下の精度が求められるが、測定できない限り達成は証明できない。科学を突き詰めて行くと、禅問答のような世界が待っていた。

2階には本社があり、そのレセプションエリアとしての機能も併せ持っている。階段は最高精度のCFRPで製作された。

天井は全て取り払い、出来る限り構造体を現した。接客スペースは麻とモルタルの床。店内も、ペンキ、コンクリートで仕上げられている。カラーはCFRPの黒に統一した。

研究所に過度な装飾は要らない。不要なものをそぎ落とし、タフでクリエイティブな空間を求めた。


『seven dreamers』
東京都港区芝3-14-4 NB三田ビル 1、2F
  
  2014年1月竣工

  1階床面積:90.78 ㎡


  撮影:Nacasa & Partners Inc.
 (※以外)


plan