建築家 / 守谷昌紀  一級建築士事務所 アトリエm

architect and associates atelier

あちこちでお茶できる家

外観

夕景

 正面から

 

 

南東から

土間

庭から

夕景 庭から

土間

土間からリビング

 

1階

ダイニングキッチン

 

ダイニングと和室

 

 

2階

ファミリースペースとロフト

寝室

子供部屋1

子供部屋2

WC

ディテール

ダイニングの照明※

和室床収納※

池を望む家

敷地は大阪の郊外。なだらかな斜面を造成した静かな住宅街にある。

南側の道路から1段上がっており、日当たりは良好。200㎡ほどの区画が整然と並び、住宅を建てる上で申し分のない条件と言える。

正確に言えば、敷地は真南の軸線から23度振れている。真南方向で毎年大規模な花火大会が開かれることもあり、まずはここに注目した。

建物の長辺は真南に正対するよう配置し、玄関のある短辺部は敷地に直交する平面計画とした。これは街並みに配慮する意味と、西日を遮り、庭のプライバシーを確保する狙いもある。

直角より23度開いたヘの字プランは、1階では特に効果的だ。キッチンから全ての空間が見渡すことが出来るのだ。反対に、玄関土間に入った瞬間は奥まで見通せないという利点もある。

メインコンセプトは奥さんの「家の中のあちこちで、カフェのようにお茶できたら素敵」という会話からとったものだ。

キッチンで対面して、大きなダイニングテーブルで、居間横のカウンターでインターネットをしながら、庭で、2階ファミリースペースで、そして大きな玄関土間で。

ご主人は代々農家の家系。奥さんは太平洋に面する宇和海の漁師の家に育った。共通するのは、共に大きな土間があったこと。玄関土間はコンセプトを象徴するものだが、必然性があったのだと感じる。

その上部は、大きなバルコニーになっており、夏の花火大会を楽しめる。部屋ごとにテーマを決め、思い切った色を使った。更にカラフルな家具。楽しみの多い家だと思う。

外観は、山並みのように見る位置によって姿が変わるようなものイメージし考えた。よって全ての柱の高さが異なっている。



2013年11月30日
 『家は買わずに建築家とつくる。―夢を形にした56のストーリー 』に掲載されました。
2014年7月21日
『月刊ハウジング9月号』に「あちこちでお茶できる家」掲載
publication
大阪府富田林市
  木造 2階建て 新築
  2012年2月竣工
  延面積:132.36 ㎡
  1階床面積:73.85 ㎡
  2階床面積:58.51 ㎡
  工事費用:2000万円台

   撮影:平井美行(※以外)