建築家 / 守谷昌紀  一級建築士事務所 アトリエm

architect and associates atelier

光庭の家

-毎日放送『住人十色』放映作品-

2階

ダイニングから※

リビングから※

光庭を見る※

書斎を見る※

リビングから光庭※

1階

寝室※

玄関

光庭を見る

子供部屋※

 

外観

外観

エントランス

路地奥が住宅※

 

 

水廻り
ディテール

光庭※

1階廊下から見上※

洗面

浴室

 

池を望む家

既存の住宅は大阪市生野区の密集する住宅地にあった。西側の通路は狭く、東、南側とも隣地が迫る。採光不足の為、あまり使われていなかった1階を再生するには、直接光と風を取り込む必要があると考えた。

南端の中央部に屋根を貫く一坪の光庭を設ければ、光、雨、風を建物深くに取り込む事が出来る。また二世帯住宅だった為、複雑だった動線を整理し、各階の用途をはっきりさせる事で、プランの効率化を計る事にした。

1階、2階とも、内部に足を踏み入れると視線の先には光庭があり、緩やかに人を導く。1階には寝室、浴室などのプライベートな空間を、2階は書斎と繋がるLDKの一室空間のみとした。既存の天井は撤去し、屋根面までの天井高を確保する。隠れていた構造体が表れ、部屋の表情は大きく変わる。強さを増した光は、半透明の床を透過し1階へと光を伝える。

光庭には生命力の強いカクレミノを植えた。隣り合う浴室からは、庭に降る雨や、揺れる葉を眺める事が出来る。

この坪庭は、密集した住宅地で自然を感じる空間であると共に、この場に住まう象徴でもある。

■ 奥様が代表のインテリアコーディネート会社のHP
BAIL.INTELIER:http://www.bail-interior.com/



2011年4月
MBS『住人十色』で紹介されました。
2010年2月
アクタスカタログ『JOY』に掲載されました。
2007年11月
『新しい住まいの設計』に掲載されました。
publication
DATA:
所在地:大阪市
構造規模: 主体構造 木造 2階建て 改修
建築面積: 57.55 ㎡(17.41坪) 延床面積: 114.45 ㎡(34.62坪)
1階床面積: 56.90 ㎡ (17.21坪)
2階床面積: 57.55 ㎡ (17.41坪)
施工: タカオカ建築株式会社 
    担当 高岡一志
工事時期: 2006年10月~2006年12月

工事費用:¥19,500,000 (税込)
見積り内訳はこちら
・上記の金額に含むもの 外構¥201,810-、造作工事¥\1,008,105-、
解体工事¥1,156,260-
・上記の金額に含まない システムキッチン、エアコン、照明(ペンダントのみ)は施主支給
※工事費用はクライアントの了承を得て公開しています