建築家 / 守谷昌紀  一級建築士事務所 アトリエm

architect and associates atelier

加美の家

 

夜景 南から

リビング・ダイニング

 

 

 

外観

夜景 南西から

外観 南西から

外観 南から

外観 西から

1階

リビング・ダイニング東向

リビング・ダイニング北向

キッチンから中庭を見る

洗面

階段

2階

和室 南向き

和室 南向き

寝室

寝室の書斎机※

寝室の手摺 ※

ディテール

中庭越しの庭※

錆仕上の床と違棚※

エアコンのルーバー※

西面スリット※

庭のヤマブキ※

池を望む家

敷地
 大阪市の南東端にある平野区は、町工場が混在する住宅地である。計画地は駅が近い事もあり、周りには小売店舗も多い。私の育った街からも近く、職住が入り混じる街並みは自らの原風景でもある。隣地の銭湯が僅かながら下町の風情を残す。

要望  
 クライアントからの要望は内外ともRC打放しの家。長所、短所をよく話し合った結果、北側は断熱材と仕上げを施し、南側の主たる空間は内部も打放しとした。"設計を楽しんでほしい"というメッセージも頂き、意気に感じて設計に取りかかった。

設計  
 現在の庭の部分に旧住居があった為、庭と家が入れ替わる形での計画となった。必然的に大きな余白が生まれる事になる。1階のリビング・ダイニングは新たな庭との繋がりを重視した。加えて、南側には近隣の視線を気にせずとも良い開口を確保するため、壁に囲まれた中庭を置く。向かい合わせになるキッチンに立てば、中庭の木々が常に目に映るよう考えた。

 2階は、西側の箱に寝室、東側の筒に和室、それらを結ぶ北側に水周り、動線部を配した。寝室は光を取り込みすぎないよう配慮し、反対に和室は筒の奥深くまで光が届くよう、最高部まで開口を求めた。その上で身長程の独立壁を設け、視線を遮る役割を与える。その壁が精神的な安心感と、強い影、鮮烈な光をもたらす事を期待したのだ。

テーマ
庭、中庭、アプローチ等の外部と、内部の空間は、躯体のずれが生む中間領域によって結びつけられている。便宜的な庇などは設けず、躯体によってである事にこだわった。

 RC壁式構造の構造体を、美しさへ高めるのは"贅肉の無い造形"。取り除けるものは徹底的に排除する。その姿勢において妥協しない事を課した。それが品のある建築に繋がると考えての事である。



2011年7月
日本建築家協会『関西56人の建築家と家をつくる』に掲載されました。
2010年5月
モダンリビング別冊『ML+VIEW』に掲載されました。
2008年2月
『モダンリビング177号』に掲載されました。
publication
DATA:
大阪府
鉄筋コンクリート造 2階建て 新築
2006年夏 竣工